スピロノラクトンの驚きの効果《アルダクトン通信》

ホルモン抑制薬

笑顔の女性

むくみや高血圧症が起きたとき、役立つのがアルダクトンという薬です。この薬はスピロノラクトンという有効成分を含んでおり、この成分によって効果を発揮します。スピロノラクトンは、むくみや高血圧の原因になるホルモン「アルドステロン」に対して、それを抑制する効果を持っています。
アルドステロンは文字通り腎臓のそばにあってその補佐をつとめている副腎という器官から分泌されるホルモンで、体内にある水分を細大漏らさずしっかりためておくという働きを持っています。この働きこそ、むくみや高血圧の原因になるものです。アルドステロンによって体内にとどめおかれた水分は、血管の中で血液の量を増やしてしまいます。その結果、血管がいっぱいいっぱいになってしまう高血圧症になってしまいます。また、水分は皮膚の直下で細胞にたまり、むくみの原因になります。
アルダクトンの主成分スピロノラクトンは、このようなホルモンの働きを抑制してくれるのです。ホルモンの働きがなくなるので、血管内にあった水分や皮膚直下の細胞に溜まっていた水が排泄に回ります。そして、排泄に回ったこれらの水分は尿になり、体外に出ていくようになるのです。
このような仕組みで、アルダクトンはむくみや高血圧症の解消に役立ちます。